Eライト

Eライトを照射したとき、シミ(メラニン色素が多い部分)、ほくろ、産毛の多いところ、骨に近い額やフェイスラインでは輪ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあります。照射レベルを上げていくにしたがい痛みを感じやすくなりますが、痛みの予防として、ジェルをお塗りし、こまめに塗り直しをしております。また、シミが濃くて多い場合には、痛みを感じやすくなりますので、痛み止めのクリームをお塗りし、痛みを和らげることも可能です。痛みが強い場合には、スタッフにご相談下さい。光治療器、フォトフェイシャルは痛みを感じやすいのですが、Eライトは高周波が加わったことにより痛みを感じにくくなりました。Eライトは、効果が強いのにも関わらず痛みがマイルドになった、画期的なシミとり治療器です。