Eライト

Eライトが誕生する前に「フォトフェイシャル( Photo Facial )」というシミ治療器がありました。フォトフェイシャルは1998年、アメリカのパトリック・ビター博士によって開発されたIPL( Intense Pulsed Light )という光治療器です。フォトフェイシャルはシミのほかに、毛穴や小じわ、たるみなどの肌トラブルに効果がありましたが、肌の深いところまで届かないという欠点がありました。そこで欠点を補うために高周波をプラスした「オーロラ」が誕生しました。オーロラは高周波をプラスすることで肌の奥まで光が届くようになり、深い層のシミや肌のトラブルに適応できるようになりました。

Eライトはオーロラをさらにバージョンアップさせたものです。オーロラの「SR」というヘッドでも取りきれないシミや赤ら顔がありました。Eライトにはさらに薄いシミや取りきれない赤ら顔の毛細血管に有効な「SRA」というパワフルヘッドが付きました!